[第91話] 利回り20%を実現する不動産投資とは?

[第91話] 利回り20%を実現する不動産投資とは?

おうちで稼ぐ達人のナント(@mardoc96)とカナル(@enoshima_house)です。

不動産王への第一歩は情報収集!

「楽待」でオンラインセミナーを探してみました。

「楽待」とは不動産投資の国内最大サイトです。

ナント
不動産Youtuberで有名な、もふもふさんも使っているというお墨付きのサイトです!

戸建賃貸に関するセミナーだけでも14件あります(4/22調べ)

 

今回は、『20%利回り空き家再生』のセミナーを聞いて学んだことを中心に語ります!

 
 
こんな人にオススメ

☝️不動産を使ったビジネスに挑戦したい人

☝️利回りが高い不動産投資を知りたい人

☝️少額でできる不動産投資をやりたい人

スポンサーリンク

投資物件の判断基準

最近は「楽待」をチェックするのが日課になっています。

 

検索していて、出てきた利回り20超えの物件!

カナル
これはお宝物件キター

もしこんな高利回りの投資物件を見つけたら、

買いか?見送るか?と検討する前に、冷静に考えるべきことがあります。

 

この利回りは満室が前提での数字であるということです。

戸建てなら1組で満室ですが、アパートやマンションの場合はどうでしょう?

空き部屋が1つあるだけでも、この20%という数字は下がるわけです。

 

そこで判断基準としてオススメなのが、

空室30%の状況を「基準」として、それでも黒字になるか?で判断する方法です。

 

そして古い物件の場合、修繕費などもかかりますのでそこも忘れず考慮しましょう。

社会問題を解決できる不動産投資家になろう

ここでいう問題とは、

まず一つ目として「空き家問題」です。

 

空き家は年々増え続けてます。

令和15年の空き家率は30%越えるとの予測もあります。

(総務省より 平成カウントにご注意)

カナル
しかし引き受け手がいないのです。

 

次に二つ目として「住宅弱者問題」があります。

住宅弱者とは、高齢者・障害者・外国人です。

大家さんが入居制限する理由は、家賃の支払いに対する不安が57.3%とのことです。
(国土交通省より)

 

ナント
増え続ける住宅弱者に対して、供給者がいないのです。

これら二つの問題を解決できる不動産投資家になろう!という内容のセミナーでした。

 

とても共感したし、興味深い事業内容でしたが、

コンサルティングの料金は、日本政策金融公庫からの融資が「瞬殺される金額」だったので残念ながら見送り・・・。

問題だらけの空き家をターゲットにする

空き家をターゲットにすることで、資金も少額で済み、融資もおりやすい

ただし修繕費を下げる工夫が必要

 

低所得者や高齢者に安い賃料で貸すことにより、

高い品質を求めることもなく、中所得者層向けのレッドオーシャンで戦わずに済む

ライバルが少ない

高齢者であれば年金等の給付金が安定しているため、空室リスクが減る

 

ナント
今回このセミナーを受けてみて、目から鱗な考え方がたくさん詰まった、学びの多い内容でした。

 

不動産投資を行いながら社会問題の解決にもなる「空き家再生」

素晴らしい取り組みです!

 

こういったライバルが少ない市場で格安な物件を仕入れる!

カナル
それこそが不動産投資の醍醐味かと思ってます。

不動産投資の勉強のためには、選り好みせずにセミナーに参加して学ぶのがおすすめです。
書籍だけでは気づけない学びもあるかと思います。

オンラインセミナーでちょっと話を聞いてもいいかも?と思った方は、こちらのセミナーが無料で期間限定企画( 再建築不可物件の再建築実現プログラム )にてやっております‼️ 

 

初心者の方にもおすすめです。
※2020年9月30日までです

 

\期間限定のプレゼント/

 

 

ほかにはない、ユニークでオシャレな空間をプロデュース! 『CharmSpace』は、≪お客さまのニーズを満たす居心地のいいスペース≫を提供します。 清潔/駅近/…

 

P.S.

この記事を気に入っていただけたら…Ofuse(お布施)からわずかな投げ銭にて応援してもらえると、晩酌が発泡酒からビールへレベルアップ出来るかも知れません笑
嫁が泣いて喜びます…!