[第151話]【間借り飲食店】スタートまでの道③ ~紆余曲折の話~

[第151話]【間借り飲食店】スタートまでの道③ ~紆余曲折の話~

みなさんこんにちは、カナル(@enoshima_house)です。

間借り連載の3話目です。1話目で間借り店舗を探して、2話目で内見をしたお話を書きました。

1,2話の投稿からずいぶん時間が経ってしまいました笑

 

さてこの3話目はタイトルにもあるように嘘のような本当の話!オトナの事情って怖いな~と思ったら・・・

そしてそこからの急展開!

それではどうぞ!

あわせて読みたい間借り店舗の探し方

あわせて読みたい内見、お店への要望など

 

インスタも見てね→https://www.instagram.com/sisterskitchen.magari/

 

こんな人にオススメ

・飲食店をやってみたい人

・間借りについて知りたい人

・開業までのステップに興味がある人

 

スポンサーリンク

え!衝撃的な内見後の流れ

内見を終えた私たちはとてもウキウキしていました。(2話目参照)

先方の担当者はものすごく話が早い人でムダがなく、ここから先の展開もサクサク進む予感がしていて、なによりも「ついに飲食店をやれる!」という高揚感でいっぱいでした。

 

その後一番関わることになるであろう店長さんと少しでも打ち解けたくて、打ち合わせから数時間後に早速再来店して当該店舗にて打ち上げ笑

飲みながらそのお店の常連さんたちとも会話が出来て、「ランチで間借りカレーやるんです~」とアピールしまくり笑

 

翌日に早速御礼のメールのやり取り。「簡単な契約書を作成してお送りしますね。」という仕事の早い担当者からのメールを最後に待つこと数日。

 

・・・・・。

 

うどんちゃん
連絡まだ来ない?
カナル
間借りで貸すの初めてって言ってたし、1から契約書作ってるから時間かかってるんじゃないかな~

 

と妹には言ったものの、あの仕事が早いHさんが簡易な契約書を作成するのにこんなに時間がかかるものか?と内心は腑に落ちない気持ちでした。

 

そしてさらに数日が経ち、こちらからメールを入れても返信なし。

いつも数時間で返信が来ていたのに、なんで???

 

ナント
交通事故にでも遭ってたりして・・・。

 

いやまさか!と思いつつもそういうアクシデントが起きている可能性もあるかも、と考えてもおかしくない状況でした。

 

「GWくらいから始められたらいいね~」と話し合っていたGWに突入し、内見から既に

3週間ほど経った時、担当者Hさんから返信が来たのです!!

 

キタ━(゚∀゚)━!――

 

とはいえ、ここまで間が空いて一体なにが書いてあるのやら。。若干読むの怖いなと思いつつ読んでみたら、、

 

案の定(;’∀’)

「店舗の運営状況が厳しく閉店するかもしれない」というような内容が書いてありました。

閉店するかもしれない状況で間借りを契約することはできないので今回の話は見送りたいと。

 

正直そのメールを読んだときは「ふーん、そう来たか・・・。」というのが率直な気持ちでした。

なんらかの事情で断るにしても、閉店って!!と。

 

そういうわけで、浮足立ってからの数週間後、突然お断りされたのでした😭

 

まだ契約前だし断っても全然いいんだけど、1ヵ月間の空白は時間泥棒でしょ~。というのが本音です。

気持ちの切り替えが大事な話

すっかりそのお店でオープンするつもりでそのエリアの特徴とターゲット層に合わせてあれこれ考えていたので、まずは白紙に戻ったことに少なからずショックを受け・・・と思いきや、切り替えの早い我が妹うどんちゃんは次の候補店舗を探し始めていました。

 

そしてうどんちゃんがLINEで送ってきた候補店舗はまさかの町田!

 

町田といえば常に人通りが多く集客には困らないイメージ。

うちからもうどんちゃんちからも遠いけど、それぞれの自宅の真ん中あたりに位置しています。(お互い電車で3~40分くらい)

 

会社員を辞めてからは電車通勤と無縁だったのに、また通勤するのか。。という気持ちはありましたが、それ以上に町田の集客力への期待の方が上回っていました。

間借り営業ついにOPEN!?

「町田かぁ~」なんて頭の中であれこれ推測したり妄想したりする時間はもったいないので早速アポを取り内見へ。

 

店内を見させてもらいながら要望などを話し合い、けっこうなんでも「いいですよ」と快諾してくれる店主に「融通を利かせてくれそう」と好印象。

□提示された契約条件

・月曜~木曜のランチのみ貸出可能

・1日あたり5時間利用で3,400円

・冷蔵庫、冷凍庫は共有で使ってOK

まずはトライアルでやりたかった私たちにとって、月単位ではなく時間単位で貸していただけるのはとても有難かったです。

 

ただし最も気になる懸念点として「立地」がありました。

そう、立地です…。本業のレンタルスペース運営でも最も重要と言える「立地」。

 

このお店は駅からけっこう離れていて(JR町田駅から10分弱)、人通りもまばら。

それでも決め手になったのは店主が教えてくれたこの情報があったから。

 

店主
近所に大原学園が出来るんですよ!今建設中で1か月後には開校すると聞いています。

 

カナル
それはイイ!学生さんたちハンバーグカレー食べに来てくれそう!

 

また、すぐ近所にあるラーメン店はなかなかの人気というお話も聞けたので、「じゃあ集客できないわけじゃなさそう」と甘い考えでいました笑

 

なにはともあれ始めてみないことにはなにも分からないし私たち姉妹はヤル気に満ちていたので「利益出なくてもいいからやってみたい!」という気持ちの方が勝っていました。

 

店主との打ち合わせの後、姉妹でカフェで話し合い。

大原学園の学生さんたちに期待を込めて、1か月後に町田で間借りカレーをオープンすることに決めました!

 

集客にシビアで冷静なナントくんは

ナント
オープンまでの1か月間でSNS集客徹底的にやらなきゃな~
と思っていたとかいないとか。

 

そして色々調べた結果、飲食のSNSならinstagramが必須という情報が多かったので

早速instagramのアカウントを作ってフォロワーさん集めを開始。

 

余談ですが、そのタイミングから私カナルはTwitterから一切身を引きました笑

カナル
SNS苦手な私は1つしか継続できないw

 

 

こうして1軒目の間借りの話が残念ながら流れた直後に町田とのご縁で一発逆転!立地がイマイチとはいえ町田自体には溢れるほどの人が歩いているし、まぁなんとかなるだろうとこの時は思っていたのでした…。

 

続く

\レンタルスペース投資をする前に/