[第23話]江ノ島で民泊許可物件を探す!物件探しの大変さとは?

こんにちは、ナント(@mardoc96)です!

空き家は一旦ペンドということで、江ノ島の不動産で民泊許可物件に関してをヒアリング。

 

ナント
しかし、民泊の許可が出る転貸物件を見つけるのは砂漠で水を見つけるようなものかも・・・・

 

こんな人にオススメ

☝️ 民泊可能な物件ってどう探すの?って人!

☝️ 副業で民泊やることを考えている人!

 

スポンサーリンク

民泊許可物件を探しに近所の不動産に行ってみた

ナント
近所の不動産2件に行ってみましたが残念な結果に・・・・

 

不動産A
オーナーが高齢者なので転貸に対していい顔はしませんね。民泊も当然NG!
オーナーが交代して若い人になれば可能性はあります。この辺りは古い街なので難しいのでは?

 

不動産B
民泊許可物件の問い合わせは多いけど、転貸物件は今はない。 民泊新法になったら物件は出てくるかもしれないけど、180日ルールでペイできるのかがオーナー側も不安に思ってるようです。もし物件が出たら連絡しますね。

1年経ちましたが連絡はもちろん無いです(笑)

 

市役所に聞いていた通り、民泊にポジティブなオーナーはなかなか見つかりません

 

正攻法では探すのは厳しいと思い、 ネットでシェアハウスを成功している人にヒアリングすることにしました。

 

とあるシェアハウス運営部を見つけたので、早速チャットで相談。

ナント
みなさん、どうやって不動産からシェアハウス物件見つけたのですか?
先輩A
最初から転貸で探すのは大変です。
なので、物件探しのコツとして「事務所利用可」「ルームシェア可」とかの広いマーケットで探し、 実際に内見して担当者の人とコミュニケーション取った上で「実はこういうことやりたくて……」と話したよ。

 

先輩C
内見依頼の時点で「シェアハウス、ゲストハウスやりたい」と言っても返事もくれない時もあるよ。日本の不動産会社なんてそんなもん。物件探しに数年かかってる人も少なく無い。

さて、どうしようかと考えてた時に次なる打ち手の救いの声が!

 

救世主
うちのシェアハウスの管理人、転貸物件多く扱ってる不動産屋なんで、条件教えていただけたら相談しときますよー!

ナント
引き寄せた!!!!

 

転貸・民泊許可物件の不動産との出逢い

紹介してもらった不動産は、 民泊系のセミナーでご縁があった会社でびっくり!

まだまだブルーオーシャンの業界。繋がってますねぇ

カナル
早速、下記の条件で物件探しをオーダー

場所は江ノ島、鎌倉あたりでシェアハウス物件
家賃は10万
広さや間取りは、
1Fに立ち飲み、ギャラリー、フロントスペース
2Fがゲスト(民泊、シェアハウス)スペース
予算内で可能な限り広いのを希望

不動産
エリア的に難渋しそうですねぇ。
私たちでも探してみますが、ナントとカナルさんもスーモなどで気になるものを見つけてたら、オーナーさんに直接交渉しますよ。私たちは交渉に慣れているので!

 

これは期待できるっ!

 

さらにナントとカナルは、 近所の飲食店が物件をどのようにして手に入れたかをヒアリングすることにしました。

ナント
どうやってここの物件見つけたんですか?
コーヒースタンド
散歩をしていて、ふと気になる空き物件があったんだよ。それで 近所の不動産に聞いたらオーケーもらって賃貸にて契約。

 

古民家カフェ
古民家でカフェやりたいと、以前やっていたお店のお客さんに話したら、物件を貸してもらえたよ。

 

カナル
足を使って探すのと、今後会う人には、自分が何をやりたくて、どのような物件を探しているかを伝えていこう!

 

良い物件を見つけるには「運と人脈」が必要みたいですね。

街の空き家情報にはアンテナ張って、不動産募集は拡散して行こう!

 

紙一重と課題点

転貸・民泊許可物件の不動産に依頼をして2週間経過し、不動産より連絡がきました!

不動産
DIY可能でギャラリー併設が可能かつ「鵠沼海岸」というナイスな物件情報が来ました!

 

他の方も検討中ということで、すぐに見学という返事をしたのもつかの間・・・

 

不動産
「検討されている方が申し込んでしまったようで、紹介できなくなりました」

 

ナント
うおっ!紙一重!残念すぎる・・・

とはいえ、
今回出たということはすぐに他の物件との縁があろうと期待しました。

しかし!

その後、数ヶ月経ちましたが・・・・

「居住用限定にしてほしい」

「募集終了」

「今回の用途は難しい」

 

鎌倉、江ノ島のオーナーはやはり「転貸」というスタイルにはあまり肯定的ではないようで厳しい返答が多いです。

 

その後も不動産屋と「転貸物件で多目的スペース」をやるにあたっての相談をしましたが、そこで出た課題点をまとめると。

・民泊新法と簡易宿泊を考えれば、民泊新法が楽だが長期的に見ると簡易宿泊を取った方がいい。
そうなると簡易宿泊OKな物件を探さなければならない。用途地域が限定されるのでさらに難しい。

 

・民泊新法の180日ルールがありながらもマネタイズは可能か?

 

・空き家をリノベーションして活用という手もあるが、民泊に利用できる空き家を探せるか?
空き家には2タイプあり、一つは手の施しがないレベルで引き取るのも困難なタイプ。

もう一つは、オーナーが活用意思があるが使ってないでそのままのタイプ。
後者を見つけてオーナーに共感がもらえるか。

 

・鎌倉、江ノ島の不動産オーナーは、気難しいタイプと共感型タイプ。
共感型タイプに自分がやりたいことの思いを伝えられると出会えるか。

 

・飲食もやるならば立地が重要。飲食OKかつ民泊OKの物件が見つけられるか。

不動産
不動産シーズンではないので物件情報が少ないため長引きそうです。

また、事業計画書作った方がいいですね。あと法人化した方が、保身の問題をクリアできます。

 

前回出た物件は奇跡物件と思い、物件繁忙期まで諸々の準備期間にあてることにしよう。

他のスペース活用方法や競合調査を続けていこう。

 

そして、他のエリアの民泊許可物件を探し続けること数ヶ月。。。

ナントとカナルはレンタルスペースに出会います。

その話はこちら

 

Translate »