travelers hangout

あきらめなければ試合は続きます

  • 更新日 2017年09月18日

空き家は一旦ペンドということで、江ノ島の不動産で民泊可能物件に関してをヒアリング。

しかし、近所の不動産2件を回ったが残念な結果に・・・・

 

残念1

オーナーが高齢者なので転貸に対していい顔しない 民泊もNG! オーナーが交代して若い人になれば可能性はあり この辺りは古い街なので難しいのでは?とのこと

残念2

民泊問い合わせ多いけど、転貸物件は今はない。 今後、新法になったら物件は出てくるかもしれないが、180日ルールでペイできるのかがオーナー側も不安

藤沢市は民泊に対して、前向きと感じてましたがオーナーはそういうわけではないようですね。

 

正攻法では探すのは厳しいと思い、 ネットでシェアハウスを成功している人にヒアリングすることにしました。

 

見つけたシェアハウス運営部でヒアリング

Tsuyoshi
みなさん、どうやって不動産からシェアハウス物件見つけたのですか?
先輩A
最初から転貸で探すのは大変
先輩B
物件探しのコツとして、「事務所利用可」「ルームシェア可」とかの広いマーケットで探し、 実際内見して担当者の人とコミュニケーション取った上で「実はこういうことやりたくて……」と話したよ。
先輩C
内見依頼の時点で「シェアハウス、ゲストハウスやりたい」と言っても返事もくれない時もあるので、日本の不動産会社なんてそんなもん。

 

 

さて、どうしようかと考えてた時に次なる打ち手の救いの声が!

 

 

救世主(メシア)
「うちのシェアハウスの管理人、転貸物件多く扱ってる不動産屋なんで、条件教えていただけたら相談しときますよー!」

 

引き寄せた!!!!

Tsuyoshi
あきらめなければ試合は続きますね!安西先生!

 

→ 次は「転貸・民泊可能物件の不動産との出逢い」を読んでください。

Translate »